無料で最高の身体活用法

姿勢を良くしたい等、身体の悩みはありませんか?カナダにいた理学療法士のブログです。たまにくだらないこと書きます(笑) 2017年現在も多くのアクセスを頂いています。ありがとうございます。多忙のため、落ち着いたらまた更新していきます(^^)

良い歩き方ってなんだろう?歩き方を良くしたら行動力までついちゃった。

最高の一年にするために、

 

年末年始はホテルへ「一人会議」に行ってきました。

f:id:Speechsynthesizer:20160103173909j:plain

 

一人会議とは、

 

①普段絶対に泊まることのないレベルのホテルに行って、

②雑音を全て断ち、

③自分の心の内なる声を聴くというもの。

 

f:id:Speechsynthesizer:20160103172700j:plain

広~いベッドの上で、思いっき~~りリラックス!

 


今まで気付かなかったことに深~く気付けたし、


一年の輝かしい目標をしっかりと感じとることができました~。

f:id:Speechsynthesizer:20160109170128j:plain

今年は、さらにレベルアップして

全国から会いたいオファーが殺到する最高の一年にしますよ~。

 

 

 

ということで、今回のテーマは良い歩き方。

 

自然と良い歩き方になる方法

 

をお伝えしたいと思います。

 

この方法を実践すると、

何も考えなくても自然と良い歩き方になり、

上手く使えていなかった筋肉も活性化され、

調子が良くなります。

 

気分もスッキリします。

 

 

現代人は歩き方が崩れています。

どうして崩れてしまったのでしょうか・・・

 

 

そこに、身体本来の機能を引き出すヒントがあります。

 

現代人が見落としているある所を、補ってあげればいいんです。

 

 

 

 

その方法とはズバリ、

 

「不整地を歩く」です!

 

 

これまで人類が誕生して何万年も,

平坦な整備された地面を歩くってことは、ありませんでした。

 

 

平らなアスファルトなんて、これまでなかったんです!

 

身体は、整地を歩くようにはデザインされていません。

 

 

だから、身体の本来の機能を引き出すために、

もっともっと不整地を歩きましょう。

 

岩がゴロゴロあるような激しい不整地ではありません。

公園の砂場のような、ちょっとした不整地です。

 

芝生や山道、雪の上など

砂利道でも良いですね。

 

「ちょっと歩きにくい所」がポイントです。

 

不整地を20分も歩くと、

身体に充実感が生まれて、とってもスッキリします。 

 

不安定な所でこそ、安定した身体本来の使い方が導き出される。

 

たまにはアスファルト以外を歩きましょうね♪

 

 

 

f:id:Speechsynthesizer:20160106231834j:plain

でも、身近に不整地なんてどこにもないよ~!

 

 

という方の為に、今日はもう一つ。

 

現代人の崩れた筋肉のバランスを、簡単に整える方法をご紹介します。

 

 

太ももの筋肉には

「ブレーキ筋」「アクセル筋」があります。

 

現代人は「ブレーキ筋」が過剰に働いていることが多いため、

「アクセル筋」をしっかりと働かせてあげると良いんです。

 

ブレーキ筋は、太ももの前にある筋肉です。

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)といいます。

 

  

 

f:id:Speechsynthesizer:20160105011029j:plainf:id:Speechsynthesizer:20160105011051j:plain

 

  Visible Body ヒューマン・アナトミー・アトラス/©Argosy Publishing, Inc., 2007-2015より引用

 

 

 

歩いていて突然止まる時、

とっさに出した足の太ももの前に力が入っていませんか?

 

ブレーキをかけると、大腿四頭筋が働きます。

 

 

では、アクセル筋はというと、

太ももの裏にあるハムストリングスがこれにあたります。

 

 

 

f:id:Speechsynthesizer:20160105011256j:plainf:id:Speechsynthesizer:20160105011309j:plain

 

  Visible Body ヒューマン・アナトミー・アトラス/©Argosy Publishing, Inc., 2007-2015より引用

 

 

 

だから、スイスイ歩くには 

太ももの裏の筋肉をしっかり働かせてあげるといいんですね。

 

 

立っているとき、少し膝と股関節を曲げて

太ももの裏を叩いて、もも裏の筋肉を硬くしましょう。

 

 

カチカチになりましたか?

 

カチカチにできるように練習しましょう。

 

いつでも、もも裏の筋肉をピクピク動かせるようになれば完璧です。

 

 

これを行ってから歩くと、楽に前に進めるようになります。

 

 

 

そして、上手く歩けると

 

足音がしなくなります

 

足音がするというのは、

 

踵が床とぶつかってブレーキ(摩擦)が起きているからなんです。

 

だから、何も考えずに歩いていて

自然と足音がしない(最小限)というのは、

良い状態です。

 

 

そして、前に進むのが快適だと、

 

物を取るのでも、買い物に行くのでも、出かけるのでも、

 

ブレーキがかからないので楽にできちゃいます。

 

 

行動力に繋がりますね!

 

 

みんなで良い歩き方にして、

一度きりの人生、どんどん行動していきましょう!