読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料で最高の身体活用法

姿勢を良くしたい等、身体の悩みはありませんか?カナダにいた理学療法士のブログです。たまにくだらないこと書きます(笑) 2017年現在も多くのアクセスを頂いています。ありがとうございます。多忙のため、落ち着いたらまた今年も更新していきます(^^)

記憶力が根本的に上がる方法:誰でもできる簡単なアプローチとは

今日は、人生で欠かせない「記憶」について。

f:id:Speechsynthesizer:20151209175940j:plain

覚えないといけないことがあるのに、覚えられない~!

 

多くの人が苦労することではないでしょうか。

 

勉強でも仕事でも、優れた記憶力を発揮できたなら

とっても楽ですよね。

 

特に、資格を取りたかったり、これから受験だという人には

記憶力はとっても欲しいですよね。

 

 

というわけで今回は、

記憶力が根本的に上がる方法

 

をお伝えしたいと思います。

 

 

では、今回もまずは記憶について簡単におさえておきましょう。

「記憶」って言っても実は、いろんな種類があります。

 

覚えなくて大丈夫ですよ。

簡単に読み流すだけでOKです(^^)

 

エピソード記憶

 人生の出来事の記憶。簡単に言うと「思い出」です。

意味記憶

 「東京」「ひらがな」といった言葉の意味の記憶です。

手続き記憶

 いわゆる「体で覚える」記憶。

 自転車の乗り方とか、ピアノとか。

 勉強のとき「手で書いて覚える」もこれですね。

<プライミング

 「赤い」→「りんご」など、ヒントで連想する記憶です。

 

 

 

そして現在は、世界中に色んな記憶術があります。

 

それらは、エピソード記憶を上手に使っていたり、

意味記憶を使っていたりするわけですね。

 

(覚えたい内容をつなげて、ストーリーにして覚えるのが

エピソード記憶を使ったものです)

 

語呂合わせで覚えるのは、意味記憶を活用しています)

 

 

いわゆる「記憶術」については、

良い本もたくさん出ており、

今回はそちらにお譲りします。

 

 

 

さて、みなさんは「記憶のプロセス」あるのはご存知ですか?

 

医学・心理学的には

記憶には以下のプロセスがあるとされています。

 

「記銘」→「保持」→「想起」です。

 

 

記銘(きめい)は、脳にインプットすること

保持は、その情報を持ち続けること

想起は、実際に思い出すことですね。

 

 

三段階になっているわけです!

f:id:Speechsynthesizer:20151205005240j:plain

 

 

 

 

しかし、実は・・・

 

この「記憶の三段階」の前に、

とっても大事な「前段階」があります。

 

 

場合によっては、この「前段階」をしっかりおさえておかないと

全ての記憶術も役に立たなくなります。

 

 

そして、この「前段階」をしっかりと認識したときから

みなさんの記憶力は上がりはじめます。

 

 

 

 

実は存在している前段階。

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

「集中」です。

 

いくらやっても何だか気が散って覚えられない~!!

ってことありませんか?

 

逆に、大切な人が関わる重要な出来事は

全部覚えていますよね?

 

 

「集中」を軽視してはいけませんヨ。

 

患者さんでも、新しいことが全く覚えられない人がいます。

でも、集中させるよう導いたら

実は注意散漫だっただけで、

「記憶する脳の力は持っていた」

なんてことがあります。

 

 

 

 つまり、秘密は

「集中」→「記銘」→「保持」→「想起」です。

 

 

 

将棋の羽生善治さんは、以前

「これ以上集中すると、もう元には戻れなくなるんじゃないかという感覚に襲われて、ゾッとするときがある」

と発言されています。

 

羽生さんは、数百手先を読むプロ達の中で

群を抜いて圧倒的な強さを誇っています。

 

それくらい集中できるから、

一度指した将棋の局面は忘れず、

さらにその上で的確な判断ができるのかもしれませんね。

 

 

 

そして近年、

「集中力は目の動きである」

ということがわかってきています

 

 

なんだか集中できないときって、キョロキョロしていませんか?

そして、集中しているときって、1点をジッと見ていますよね?

 

そうなんです。

 

そして、これを利用すると

集中できないときも集中できるようになります。

 

紙に点を書いて、点をジッと見つめてください。

(自分で決めた一点を見つめてください)

 

 

1分もすれば心が定まってきます。 

5分もすれば十分でしょう。

 

時間に決まりはありませんが、

これをするだけで、なんだか集中できないときも

集中できるようになります(^^)

 

超簡単で、どこでも、誰にでもできますね!

 

そして、しっかり集中した上で、

これまで通り覚えれば

記憶成績は底上げされます!

 

記憶プロセスへの入り方から違うわけですから! 

 

そして色んなことにたくさん集中して、

人生の素敵な記憶をしっかり刻んでいけたら最高ですね!(^^)